支払いの方法

クレジットカードとボールペン

お金の問題は社会人になれば常に付きまとう問題である。
支払いの義務は買い物をすれば生じるものであるが、子供の時には課せられなかったものも成人すれば支払いが生じる。
例えば税金などであるが、こうした支払いをきちんと行うのは社会人の義務でもある。

支払い能力がある18歳以上の人であれば、クレジットカードを作り利用することもできる。
そのためには支払い能力があると証明するために、働いている必要がある。
このため、無職や自由業であればクレジットカードの審査に通らず作ることが出来ないこともある。
しかし、アルバイトをしている人であれば大抵作ることが出来るので、便利に利用できる。

クレジットカードの特徴はといえば、現金で支払う必要がないことである。
代わりにクレジットカード会社が一時的に決済を肩代わりし、決まった日にクレジットカード会社が利用者の口座から引き落としをする。
リボ払いなどを設定すれば、支払いを月々決まった額にすることもできるので、生活にも余裕が出る。

しかし、納税などは現金で支払うことができない。
納税や公共料金は、使用した分の請求になるため、クレジットカードのような後払いが出来ないのである。
このため、現金が手元にないときは支払うことができず、滞納してしまうということになる。

こうした状況を打開するためにはカードローンで現金を借り受けるという方法がある。
カードローンとは銀行や消費者金融、またはクレジットカード会社が提供している無担保融資の一つである。
無担保で融資するため、普通のローンよりも利率が少し高めとなっている。
しかし、現金を作り出す方法を知っておくことは、社会生活や人間関係を営む上でも大事なことである。

納税以外にも様々な場面で、現金が必要となることがある。
結婚式の祝儀などが出せないから結婚式に出席できない、学費が出せない、といった状況を生み出さないためにも、支払いの方法は知っておくと良い。

オススメリンク

財布の中身

現金を確保する

クレジットカードなどが利用できることで、支払いの幅が広がると…Read more
豚の貯金箱

金利と利用法

カードローンはクレジットカード会社以外にも、銀行や消費者金融…Read more
クレジットカード

支払いの方法を増やす

現金を借りる方法といえば、家族や知り合いから借りるという方法…Read more

関連リンク